道了尊・大雄山最乗寺、三面大黒天から教わる

寺・仏様

天狗伝説

関東屈指のパワースポットと言われ、四大天狗がいると言われる大雄山最乗寺。

ここは闘病のときにきていますので3回目の参拝になります。

ここは結界門をくぐるとがらっと雰囲気がかわります。

そして我々も強制山岳修行にはいりました。

大魔神ちゃん
大魔神ちゃん

天狗さんなんで厳しいね

場所は

とても広いお寺です。

今回は写真がたくさん。

門にたくさん千社札が。

こちらは本堂です。

「道筋通りに回られよ」とのお告げが。

まあ、全部奥の院までまわってきなさいということですね。

奥の院までは遠そうだからいかなくてもいいかなとかいう思いは一瞬にして打ち砕かれるというね。

ちうね
ちうね

あははは

こちらは中に入れます。

山の上なのでほんとに空気もいいし、気持ちの良い場所です。

こちらは金剛水という湧水です。

飲み放題になっています。

面白い雲がでていました。

ここからが結界です。

結界門をくぐりますと天狗さんがまつられている御真殿があります。

からす天狗様がお出迎え。

お坊さんがおつとめをされるようです。

不動堂は閉まっていましたが、外から参拝させていただきました。

たくさんの下駄が奉納されています。

天狗伝説の主人公、妙覚道了が天狗様になったお姿です。

狐に乗って、手と足に蛇が巻き付いています。

スポンサーリンク

奥の院

ここから先が奥の院です。

空気が全然変わります。

天狗さんが睨んでる。

階段すごいし

かっこいい天狗さんの雄姿

この辺でへたばっていますが、まだまだこんなに。

途中で蛇があらわれました。

しっぽしか映っていません。

息切れしながらたどりつくと、十一面観音様がいらっしゃいます。

3時には閉まるようです。

お参りをさせていただき、また階段を下りていきました。

下にあった三面大黒にいっていなかったので、行きました。

閉まっていましたが、普段は開いているようです。

こちらでお参りをしたら、なんか身体が浮くような感覚になったそうです。

そしてお告げをいただき、

式神ほつま
式神ほつま

気合の入れ方を教わった。

ちうね
ちうね

へえ~

帰り道は教わった方法で歩きぬきました。

でも、その日の夜から筋肉痛でした、うう。

運動不足がたたりましたね。

ご朱印をもらったときに、ガチャガチャがあったのでやってみました。

金色の道了尊がでたら大当たり。

でました~三面大黒天。

飾ってあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました