ハロウィン・万聖節、サーウィンの祝祭日

スピ事件簿

ハロウィン

万聖節はカトリックの聖人の祝祭日。

そしてその前夜祭が死者の日とされるハロウィンです。

ですが実はその起源はアヴァロンのお祭り、サーウィンです。

Samhainと書きます。

このサーウィンは北半球では10月31日から11月1日にかけてのお祭りとなります。

善魔女のルーシーキャベンディッシュによると、

サーウィンは先祖のときを意味するのだと言っています。

下の世界のスピリット(ファエ)と来世が再び上昇し、私たちとコミュニケーションを取り始め、細胞の記憶が知恵を呼び覚まします。

記憶は、DNAにコード化されているため、過去の人生の思い出が浮上して来ます。

この時期、ガイヤのポータルは、私たちが失った豊かさや、どのようにして、私たちが、過ぎ去ったものと調和できるかを教えてくれます。

私たちは、地球の歴史について、多くを学ぶ能力を持っています。

鹿さん
鹿さん

へー、そうなんだね

ちうね
ちうね

日本のお盆と似ているね

スポンサーリンク

先祖のとき

先祖がいる世界と来世が浮上してくる。

この日にコンタクトを取りやすい状態になると言っています。

そして過去の思い出やときには前世の記憶までも思い出すのだそうです。

過ぎ去った記憶というのは、それだけにとどまりません。

古代の叡智から学ぼうといっているんですね。

私たちの細胞やDNAには、古代からの記憶も実は刻まれているといいます。

一族の記憶。

前世の記憶。

ご先祖を偲ぶ。

ということで私は仏壇に般若心経を唱えることにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました