薬師寺~驚愕の不思議体験

寺・仏様

薬師寺~白鳳仏

ここで訪れた順番を無視して、いきなり薬師寺に飛びます。

天武天皇がおつくりになられたお寺で、創建は680年、素晴らしい白鳳伽藍と白鳳仏を見ることができます。

私も奈良でも有数の観光スポットですので、どちらかというとお上りさん気分でこの
お寺にやってまいりました。

ところがここですごい体験をすることになりました。

国宝である東塔は修復中でした。

これが金堂です。

龍宮造りと呼ばれた美しい建物です。

こちらにご本尊である薬師三尊像が安置されています。

真ん中にお薬師さま、向かって右が日光菩薩、そして左が月光菩薩となります。

まずはこちらをお参りさせていただき、白鳳時代の国宝である美しい仏様にお目にかかりました。

世界一の美しさとも言われる仏様で、優美なお姿でいらっしゃいました。

スポンサーリンク

謎に包まれた仏像

こちらが西塔です。

ほんとに美しいですね。

御朱印は金堂の奥にある大講堂でいただけます。

我々は大講堂に向かいました。

ここにもご本仏がいらっしゃいますが、これが謎だというのです。

Wikiより

本尊の銅造三尊像(重文)は、中尊の像高約267センチの大作だが、制作時期、本来どこにあった像であるかなどについて謎の多い像である。かつては金堂本尊と同様、「薬師三尊」とされていたが、大講堂の再建後、寺では「弥勒三尊」と称している。

おそらく白鳳時代のものであり、重要文化財に指定されています。

こちらもお参りし、ぐるりと回って後ろ側には仏足石と尊者さまの像が並んでいて、それを見学してまたご本仏の前に戻ってきました。

そうしたらずっとご本仏の前にいた式神ほつまさんが、

式神ほつま
式神ほつま

仏さまがパワーをくれるっていうから、手を掲げてみて

ちうね
ちうね

ええー、なにそれ、ほんと???

私は右手を仏様のほうへ向けて掲げてみました。

ご本仏さまと同じような恰好をしたのです。

そうしたら右手のひらの中心にいきなりどどどっとパワーが入ってきました。

手が後ろに押されるくらいの勢いで、どーっと。

掌がびりびりしました。

そして何かが手のひらから入り、体中に満ち満ちていくのを感じました。

腕から胸へと伝わって、体中に入りました。

たぶんぽかーんと口を開けていたと思います。

本当に初めての体験です。

ちうね
ちうね

ううう、すごい、、、

私は詳しく聞いてみました。

式神ほつまさんがお参りをしていると、ご本仏の向かって右側にいる、やせ細った手を差し出している菩薩様が、話しかけてきたそうなのです。

仏様
仏様

力を授けましょう

他の仏様は一切お話をしません。

御本仏さまはひたすらパワーを出し続けているそうです。

御本仏さまは右手を掲げていらっしゃいますよね、そこからずっーと力を出し続けているのです。

そしてその右手がぷるぷると動いているように見えると、式神ほつまさんが言っていました。

もう、すごい、ありがたい!!

御本仏様は弥勒如来と書いてありますが、本当はなんなのかわからないそうです。

家に帰ってきてから、こちらのことを調べました。

薬師寺公式ページでは、

大講堂に安置されている弥勒三尊は、近世の早い頃から西院弥勒堂の仏様でした。
向かって右は法苑林菩薩[ほうおんりんぼさつ](左脇侍)で、左は大妙相菩薩[だいみょうそうぼさつ](右脇侍)です。
ところが江戸時代になって講堂を再建するために、もとの講堂本尊の阿弥陀繍帳にちなんで阿弥陀三尊と名称を変えてお迎えし、さらに明治以降は、本薬師寺旧仏とのからみから薬師三尊と名称を変えてお祀りしてきました。
しかし、平成15年(2003)に大講堂が復興されるに当たって、法相宗の薬師寺にふさわしく、もとの西院弥勒堂のご本尊の由緒を継いで頂くとともに、本来の正しい尊名にお戻り頂くことになりました。

ということです。

元々こちらの仏さまも薬師如来と呼ばれていた時期があったり、とにかく本当の仏名は不明なのだそうです。

皆さんどうしても国宝である薬師三尊像のほうに目が行くし、この行動も仏足石のほうに目が行きがちですが、ここでーす。

奈良に行ったら薬師寺は絶対にいかないとって思いました。

新薬師寺というお寺さんもあります。

こちらもいきまして、いろいろとありました。

新薬師寺についてはまた記事にしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました