法華寺~聖徳太子二歳像のお力

寺・仏様

光明皇后ゆかりの法華寺

745年、光明皇后がお父さんである藤原不比等の邸宅跡に造られた、門跡寺院です。

正しくは門跡尼寺で、皇族や貴族の子女が住職になる格式の高いお寺のことです。

光明皇后は聖武天皇の后で、子供は孝謙天皇です。

質素な落ち着いた佇まいのお寺です。

内部は撮影は禁止なので写真はありません。

国宝の十一面観音様は素晴らしいです。

手が長くてとても優美なのです。

癒しのパワーを秘めていらっしゃいます。

私たちがいったときにはラッキーなことに、ご住職様がお勤めをはじめたので、有難いお経を聞くことができました。

スポンサーリンク

聖徳太子像

本堂にはたくさんの仏像があるので、ゆっくりと一つ一つみていきました。

そこに聖徳太子二歳像と聖徳太子三歳像が並んでいたのです。

大きさも本当に二歳児三歳児で、実物大のような感じです。

この聖徳太子二歳像のほうが、ものすごい力を発しています。

式神ほつまさんは何かお話したようですが、教えてもらえませんでした。

ご本尊がある向かって右奥のほうにいらっしゃいますから、もしも行きましたらここを忘れないでくださいね。

もうね生きているみたいな感じなのです。

目もいきいきとしていて。

 

この後、翌日にいったお寺でもいろいろとあって、聖徳太子二歳像というものが特別なものだとわかりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました