夢は警告する

夢検証

夢からの警告メッセージ

 

警告の夢、これは私は何度かありました。

一番大きな警告で、はっきりと覚えているのが、

自宅の家が横倒しに倒れる夢です。

なんだか嫌な胸騒ぎがしました。

そして二日後、母が倒れ、そのまま半身不随となってしまったのです。

母の人生も変わり、私の人生も変わり、私たちは不幸のどん底に叩き落されました。

まさに家が横倒しに倒れてしまったのです。

 

父が亡くなる少し前にも、警告夢を見ました。

父がバイクですべっている夢です。

夢はわりと比喩的なものが多いですが、緊急事態にはそのままの意味で表れるようです。

スポンサーリンク

プチ警告

このような緊急事態でないけれども、日常生活のちょっとした警告はたくさんありました。

最悪なのが、 ぬかるみを歩く夢 です。

雨が降ってぬかるみを歩いていたり、晴れているけど浅い泥水の中を歩いていたり、ちょっとしたぬかるみだったりいろいろですが、その夢を見た後は必ず、

もうこれは100%ですが、お金がでていきます

なのでこの夢を見たあとはがっかりして、とりあえずお金を用意して待ってます。

(;^ω^)

あとお風呂に入っている夢を見ると、風邪をひいたり、体調が悪くなったりしましたね。

 

警告夢とはなんなのか

警告のメッセージはどこからきているのでしょう。

どうして悪いことが起こるとわかるのでしょう。

夢を見ているときに、守護してくれている存在から伝えられてくるのでしょうか。

それとも人間には危険を察知する能力が備わっていて、夢として表れてくるのでしょうか。

両方あるのかもしれませんね。

ただ人間には危険を察知する能力があるとは思います。

夢で見なくとも、嫌な予感とかありますよね。

私はある女の人にあったときに、ものすごく嫌な予感がしました。

瞬間的にやばいと思いました。

もう、的中ですよ。

その女性は私どころかまわりの人全部に災いを及ぼすとんでもない人でした。

(;・∀・)

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました