スピリチュアルなお仕事の質問

スピ事件簿

スピなお仕事について

小さな起業シリーズの記事を久しぶりにあげます。

鹿さん
鹿さん

東京都にお住いのダメダメ星人様からのご質問です。

私はスピリチュアルなお仕事をしていきたいと考えています。
今は占い師の勉強中ですが、レイキも習いにいき、ヒーリングもやりたいと思っています。
スピリチュアルのお仕事をする際に注意すべきこと、またよい師となる方の見分け方などあれば、教えてください♡

というご質問なのですが、

私などが偉そうに何か言えるのかなっていう問題もあるのですが、私なりの考えやアドバイスを書いてみたいと思います。

スピのお仕事で注意することと、良い先生の見分け方を教えてほしいということですね。

まずスピのお仕事をおおまかに三つに分けてみました。

1グループ

手相、姓名判断、暦、星読み、方位、など統計学や学問的な占い。

ヒプノセラピー、各種セラピー、カウンセリングなど

ビジョンボード、ドリームボードセラピー、メモリーオイル

気功、幸運アイテムづくり、販売など。

2グループ

カード占い、その他直観力やリーディング能力を必要とするもの

3グループ

レイキなどヒーリング

エネルギーワークをするもの

霊視・チャネリング、除霊など霊能力を使うもの

おおざっぱですが、自分のやりたいことがどのグループにあるか見てみてください。

2グループと3グループの境界線は、実はかなり深いものがあります。

3グループは人とエネルギーの受け渡しをしたり、霊的な力を使うもので、能力がないとできません。

スピリチュアルなお仕事では、自分の精神状態を安定させることと、なるべくポジティブに保つことが要求されるのではないかと思います。

落ち込むこともありますし、やはり生きていれば波はあるので、なるべく気持ちを切り替えて調整していくことでしょうか。

それから守護チームからのサポートは必要だと思います。

2と3のグループは特に、神仏の守りとお導きが必要です。

繋がり先もおかしくならないように、常に波動を高く保つようにすることが大事だと思います。

その他に注意することはたくさんありますが、そのための基本や、何をしたらいいのかなどはまた別の記事にいたします。

スポンサーリンク

師匠、先生の見分け方

これはまず自分と相性が合うか合わないかは重要かなと思います。

まあ嫌いな人から教わりたいとは思わないとおもうので、大丈夫ですかね。

それで私がセッションを受けたり、教わったりするときの見分けるポイントを書き出してみますね。

まずは、こんな先生はやめとくっていう×な例です。

まずブログとかを見て、いかにもインチキ臭そうなのはやめてますっ

あははは、どんな基準なんだか。

1、有名人になりたがっている。

有名人とのつながりアピールしていたり、名声欲にとらわれている感じの人はパス。

2、金への欲望と執着がにじみ出ている。

金持ちをあがめ、貧乏人をばかにするような感じとかが伝わってきたりしたこともあります。

みんな豊かになろうとか、困っている人を助けるための金運をよくする方法とか、そういうのは逆に良いです。

これは見極めが難しいところなのですが、メニューの料金が高いとか安いではなくて、ぎらついてるかどうかってところで見ます。

例えば除霊とか命がけの場合や、能力の高い方のメニューなどはそれなりの料金だと思いますし。

安いところでもぎらついていたらやめときます。

3、人間性に問題がありそう。

人間関係でしょっちゅうもめている。

人を支配したがり、従わない人を敵認定するなどですね。

面倒見がいいとか多少のお節介焼きさんとはわけが違います。

4、親、子供、兄弟、友人など、まわりの人から切り離しにかかる。

これ結構無いようであるんですね。

うまーくやられるので、本人は気が付いていないのかもです。

それではどんな師匠がいいのか。

これはもう直感が第一ですね。

一応私の基準では、

1、癒される

2、なんかかわいい

3、誠意が伝わる

4、寄り添ってくれる

5、厳しいこともちゃんと言ってくれる

ちうね
ちうね

す、すみませんこれではほんとに参考にならないかもです。

有名とか、無名とかも関係ないです。

あとお金のある無しも関係ないです。

なぜなら修験系の方の場合、あえて貧しい人生の設定の方もいるんですよね。

事業で成功しているも残念ながら基準にはなりません。

自分自身の徳で成功している場合と、魔の力で大きくなっている場合があります。

また初めは良かったけれども、途中で闇落ちして魔物と繋がっている場合もあります。

要するにおかしな欲に囚われると、波動が下がっていって高次元と繋がれなくなり、低次元のものを引き寄せてしまっているんでしょうね。

ブログとかその人のプロフィールにいったときに、ある程度自分の感覚を信じてみるというのが一番ですかね。

あははは、参考にならないかもしれませんが。

スピリチュアルなお仕事については、また書いていきたいと思います。

何かご質問とかありましたら、コメント欄か、お問合せフォームからお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました