電子書籍の表紙を作る

電子書籍を出版する

無料で電子書籍の表紙をつくる

とにかく素人が電子書籍を全て手作りするという企画です。

表紙は重要なので、ここだけはプロに頼めという、電子書籍通の方たちのご意見。

確かに、確かにごもっともなんです。

なぜかというと、アマゾンではこんな風に本の表紙を見て皆さん本を選ぶから。

まず目に入ってくるのが表紙なんですよね。

とりあえずデザイナーを使わずに、

そして

もちろん

フォトショップも使わずに

できるところまでやってみましょう。

どうしても自分のイメージ通りに出来ないのであれば、

その時は観念してプロに頼みましょう。

スポンサーリンク

力技でやってみる

ではいつもの、このサイトではお約束、フォトスケープで作ってみましょう。

フォトスケープは無料のソフトです。

ダウンロードと起動はこちらから

PhotoScapeのダウンロードと基本
フォトスケープのまとめ無料で高機能で使いやすいのがPhotoScapeです。ちうねブログの写真の加工にも使えて便利ですよ目次ダウンロードと起動リサイズと文字入れの簡略説明随時更新中***ダウンロードがま...

表紙づくりで重要なこと

まず規格です。

横1600px 縦2560px

で作ってください。

これはこの大きさの台紙を私の方で用意しますので、それを使ってください。

表紙づくりの重要事項

色のイメージ
フォント

これを決めないといけません。

フォントは大事です。

探してください、自分の本のイメージにあったものを。

その際に商用利用無用というものを選んでくださいね。

まず簡単にスケッチを描いてください。

どんな表紙にするのか。

私は自分で撮った写真をデッサン風にして使用しようと思います。

まず下準備ですね。

フォトスケープを起動します。

あまり写りのいい写真ではありませんが、大丈夫。

横1600にリサイズします。

次にフィルターを適用します。

フィルター→絵画化→水彩鉛筆を選びます。

こんな風になりました。

これで下準備は終了です。

作成

では台紙です。

こちらをクリックしてから、保存してください。


とりあえず2種類ありますからお好きなほうを。

フォトスケープで保存した台紙を開きます。

オブジェクト→写真のマークからさきほど処理した風景写真を挿入してください。

位置や透明度を決めてくださいね。

透明度はここで調節

一番右の黄色い鉛筆アイコンです。

こんな風にできました。

では文字を入れていきます。

文字入れは、オブジェクト→T。

こんな感じにすっきりとシンプルですが、できました。

説明文をもっと入れてもいいかもです。

私がイメージしてたのは、こんな感じのものです。

思い通りに作るのは難しいですが、とりあえずできます、ここまで。

また違うパターンの作り方も紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました